LogoLogo

Products

View All Products

Product Story Vol.06

Refine The Basic “NORM”

Product Story|2021.10.29 up

muracoのこれまでのテント開発の経験をもとに新たに設計したスタンダードモデル「NORM / ノーム」。居住性・耐風性・軽さ・設営のしやすさなど、テントに必要な要素をバランスよく備えたドーム型テントです。集大成となるテントが生まれた開発秘話を開発者村上が語ります。

Text & Photography: 村上卓也

Share

5年間のブランドの集大成となるテント
muracoの事業は2016年にスタートしました。我々のテントのラインナップは、2017年4月に発売を開始した「BLACK BEAK」シリーズから昨年発表した「RAPIDE X1」シリーズまで、フレームで分類すると7モデルをリリースしてきました。どのモデルも、多くのお客様にご愛用いただき、販売店様からも好評価をいただいているプロダクト群です。5年間でお客様、販売店様、そして当社スタッフからも、製品に対する多くの意見が集まり蓄積されてきました。muracoが生まれてから6年目を迎える今年、ブランドの姿勢を体現するような新型のテントを開発したいと考えるに至り、2020年夏頃から設計をはじめました。開発当初は現有のラインナップにプラスオンするプロダクトをと考えていましたが、ブランド初期より定番モデルであるBLACK BEAKシリーズの代替えとなるモデルとして、本モデルを位置付けようと考えました。

開発前のアイデアスケッチ

NORMの開発における4点の要素

本モデルの設計の基本は、次の4つのポイントを重点的に強化しました。
1. 野外の家としての安心感
2. ユーザビリティの追求
3. バランスの良い素材選択
4. ミニマルなデザイン

1. 野外の家としての安定感
昨今、多くの新しい、奇抜なデザインのテントが多く発表されています。当初はそれらのデザインに負けない新しい構造を検討していましたが、ベーシックモデルとしてと言う考えから、最終的には総合的に最も安定感のあるドーム型構造に決めました。「野外の家」としての安心感を実現するため、居住性の良さを確保しつつ、耐風性能を担保する為、できる限り低い全高とするという方向性で設計を進めていきました。また、耐風性を高めた設計を更に活かすため、フライシートにポールを通すスリーブが平たく寝ている構造のフラットスリーブを採用しました。BLACKBEAKシリーズではスリーブ部分が立ち上がったデザインとなり、微量ですが風を受けたり雨や雪の排出性能が低いなどの弱点がありました。フラットスリーブにする事により縫製箇所が増えコスト増加となることは明らかでしたが、デザイン的にも際立った特徴と認識されると考え採用を決めました。

ポールスリーブをフラット形状にすることで耐風性を向上。

フレーム構造はテントの構造として最も安定感のあるドーム型を採用しつつも、BLACKBEAKシリーズから更に耐風性能を向上させるべく、ポールフレームを3本から4本に増やす事にしました。これによりフレームのクロスポイント増を実現し、特にテント後方の安定感は大きく向上しました。更にポールの増加により、ドーム型の利点である室内空間の増加も同時に実現しています。テントの外見からイメージする以上に広い空間を感じていただけるでしょう。

フレームポールにはこれまで採用していた韓国のYunan社製を予定していましたが、BLACKBEAKシリーズの継続的な販売の中で、設営時にジョイント部を破損してしまうケースが散発している状況から、本モデルでは中国のローカルマーケットからサンプル選定し、GUSTAVにも採用した品質の安定したフレームポールの採用を決定しました。またロープのタイアウトポイントもテントの中心を基準に放射状にバランス良く配置し、非常に強固な構造を完成させています。タープが飛ばされるような荒天時にこの設計が活きてくるはずです。

2. ユーザビリティの追求
構造だけでなく、実際に使用する目線であらゆる部分の使い勝手の良さを追求しました。まず前室部分は夜間に最低限の荷物を保管できるスペースを確保する為に角度を寝かせ、テント前方に張り出す設計としました。必然的に荷物を置いた状態での前方からの出入りが難くなる為、後方にもエントランスを配置。後方エントランスは角度を立てることで、ジッパー操作を容易にし、ワンアクションでの開閉が可能な設計としました。

エントランスのジッパーはワンアクションで大きく開閉可能で出入りがしやすい。

インナーテント側のドアは円形状にすることでワンアクションでの操作を可能としました。また、開放時のトグルでの固定を廃止し、ポケットにまとめて放り込む方式としました。

ワンアクションで開閉可能。開いたドアは巻き上げることなく、脇のポケットに。

フライシートの弛みを補正する為に、ペグダウンするポイントには操作性の良いアジャスターを配置。その他にも山岳テントの「RAPIDE X1」で採用しているテント内部から開閉可能なベンチレーション構造も採用しています。

3. バランスの良い素材選択
ブランドの成長に伴い、過去のモデルで実現しなかった、部位ごとに異なる生地を組み合わせた生産も実現できました。山岳テントとは違い持ち運びの距離もある程度計算ができるテントですので、強度が必要なボトム部にはしっかりとした生地を使用し、フライシートも薄すぎないハリのある生地を選定しました。ポールも薄肉の極軽量のタイプではなく、折れや曲がり癖の付きにくい径と肉厚を慎重に選定しています。

4. ミニマルなデザイン
全体のアウトラインは全高を低く抑え、地面に這うようなデザインとして、どこから見ても剛性感や安定感を感じられるデザインとしました。4本のポールそれぞれの全高部分の高さは最後のサンプルまで微調整を繰り返し、バランスの良い形状を追求しています。

長くお使いいただけ、且つ飽きのこないシンプルでミニマルなデザインと、高い耐風性能、居住性能、ユーザビリティなど、現時点で我々が考えうる全ての知見を結集した新しいテントシリーズ「NORM / ノーム」を是非お楽しみください。

Refine The Basic “NORM”
Product Story Vol.06

Related Products

NORM 2P BLACK Tent OUTDOOR GUILD MURACO NEW

NORM 2P BLACK

¥ 42000 inc. tax
NORM 3P BLACK Tent OUTDOOR GUILD MURACO NEW

NORM 3P BLACK

¥ 56000 inc. tax
GROUND SHEET for NORM 2P Tent OUTDOOR GUILD MURACO NEW

GROUND SHEET for NORM 2P

¥ 4400 inc. tax
GROUND SHEET for NORM 3P Tent OUTDOOR GUILD MURACO NEW

GROUND SHEET for NORM 3P

¥ 6600 inc. tax


Shopping Cart
現在、カートは空です。